会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
メールマガジン
ショップ紹介
Terra
アロマサロン「ソラテラ」の店長です。 お店でも販売しておりますので、ご来店の際はお気軽にお声掛けくださいませ☆
フリーページ
rss atom
新企画『ソウルヒストリー』についてのQ&Aです。
お申込みをご検討されている方は、ぜひご参考にしてみて下さいね(^^)

Q1.ある能力者の方から自分の過去世は歴史上のある有名人だと言われました。
その歴史上の人物のイラストとメッセージが頂きたいのですが、大丈夫ですか?

A.申し訳ありませんm(_ _)m
こちらの企画では、特定の過去世の指定は承ってておりません。
というのも、あくまでも現在のお客様のお心に今必要な過去世のイラストとメッセージをお届けさせていただく内容だからです。
ただ普通にお申込み頂けた場合でも、もしかしたら、その歴史上の人物が出てくるかもしれません。
その場合も、周囲の情報に振り回されずに、現在の自分と同じ魂であるとお心になじませて頂きたいので、あえて過去世のお名前はお知らせしない予定です。
その点について、どうしても気になる場合は、
ピースが毎月募集している『スピアートセッションとスカイプセッション 』や、Terra、シフォンによる『コラボセッション 』と『スカイプセッション 』をご利用下さいm(_ _)m

Q2.地球以外の過去世は誰にでもあるものなのでしょうか?
A.あくまでも僕の視点ですが、今のところ、その様に見えています。
地球に転生してくる魂のほとんどが地球外から来たチャレンジャーであり、
過去世においてそれなりの経験を重ね、魂としても実力を持っているように見ています。
また転生経験が少ない魂は、地球に生まれても重いエネルギーのため、長くは生きられない様子を見たこともあります。
そのため、あなた様がこのブログを読み理解することができているまで成長されている時点で、地球外でかなりの経験を積んだ魂であると言えると思うのです。
(ただ、まだそれほど多くの方の過去世を見ているわけではないので、例外はあるかもしれません。
その場合、対応の変化などありましたら、この記事に追記したり、ブログでお知らせしたいと思います)

Q3.自分に自信が持てないのですが、この企画を申し込むことで、自信が持てるでしょうか?

また傲慢になったり、偉大な人間だと勘違いしないでしょうか?

A.この企画のメリットとして、お客様が過去世の輝きを知ることで自信を持てるという側面があります。
ですから、自信が持てない方にはお勧めの企画ですよ。
また、傲慢さというのは、意識して肯定的に見つめていくことで手放していくことができるものです。
この企画の情報はあくまでもヒントやサポートであると理解し、現在の自分自身を前向きに成長させる姿勢を持つことで、
傲慢さや、特別だという勘違いを遠ざけることができるでしょう。
お申込みの前に、あらかじめ以上の点について気をつけて頂ければ、その様なリスクはかなり避けられると思います。

Q4.コアソウル企画との違いを教えてください。
A.これはあくまで僕の感覚なのですが、コアソウルは魂のかなり潜在的なエリアにいる存在で、
過去世の魂(サブソウル)はより浅いエリアにいるイメージです。
ですので、コアソウルの方がより『本質』に近いのですが、そのせいか、
自分とギャップを感じたり、エネルギーを感じづらかったりする場合も多い様です。
ただ、コアソウルは深いエリアの自分であり、じっくり長期的にそこに近づいていく視点を持つとよいかと思います。
一方で、過去世はコアソウルと違って、人生の流れの中での「ドラマ」や、
「努力」「工夫」など、現実で生きる自分と共感しやすい要素を持っているのも特徴です。
潜在的に浅いエリアにいる魂だからこそ、「感じやすい」というメリットもあり、
コアソウルよりも短期的にわかりやすく、お心に肯定的な影響を与えるだろうと考えています。

Q5.自分以外の、例えば家族の過去世を見て頂くことはできますか?
A.はい、可能です。
その場合は、お申し込みの際に、ご希望のご家族の方のお写真をお送りください。

Q6.ソウルサポータ企画の様に、判定で拒否されることはありますか?
A.ありません。
この企画は、どなた様でもお申込みいただけます。

Q7.以前記事で拝見したのですが、受信再現率は70%ということで、それはこの絵でも同じですか?
A.はい。最善は尽くしますが、どうしても完全には再現することはできません。
過去世はリアルな映像として見えてくるのですが、ピースの技術的にも見たままを再現することはなかなか難しいので、受信再現率は60%程度かと思います。
ただ過去世の波動を再現するという部分は受け手の感受性によるところもありますが、できる限りしっかりお伝えできるように描いています。

Q8.この絵の著作権は誰にありますか?
A.絵の著作権はお申込者様にあります。
購入されたご自身の絵に関してはご自由にお使いください。
なお、ミカエルウェブなどで絵を紹介させていただく場合は、ご本人様の了解を頂きます。
第三者の方が絵の複製や紹介などを行う場合は、絵を購入されたご本人の了承を得るようにしてください。
了承が得られない場合、複製などはご遠慮ください。
ここに決済方法を入力します。
ここに配送方法を入力します。